とうじま内科・外科クリニック

TEL:052-684-4311休診日:日・祝、水曜午後、土曜午後

専門外来
  1. とうじま内科・外科クリニック
  2. 専門外来
  3. 内視鏡/ピロリ菌外来

専門外来

内視鏡/ピロリ菌外来

経鼻内視鏡検査(鼻から入れる胃カメラ)経鼻内視鏡検査(鼻から入れる胃カメラ)

胃がんの早期発見のために、胃カメラを受けましょう

これまでに受けたことがある方も多いと思いますが、胃の内視鏡検査とは、細い管を口、もしくは鼻から入れて、食道・胃・十二指腸を直接、内視鏡で見る検査です。

毎年、胃のバリウム検査をされている方は多いと思います。バリウムも良い検査ですが、初期のがんの多くは、内視鏡検査で発見されています。
早期発見のために、症状がないからこそ、定期的に胃内視鏡検査を受けるようにしましょう。

内視鏡/ピロリ菌外来院長は、消化器外科の認定医や専門医を教えていた、消化器外科の指導医です。
初期から末期まで多くの病変を診てきましたし、外科手術だけでなく、内視鏡検査や内視鏡手術を数多く行って来ました。検査や診断について、安心してお任せください。

検査方法

胃カメラには、鼻から入れる胃カメラと、口から入れる胃カメラの2種類があります。
当院では苦痛の少ない、鼻から入れる胃カメラを使って検査を行います。
※鼻粘膜が弱い方に対しては、鼻用の細いカメラを使って、お口から検査を行います。

検査時間

月~土曜日の診療時間内に、ご希望に合わせていつでも行います。
検査時間は15分ほどです。

内視鏡/ピロリ菌外来ピロリ菌外来

ピロリ菌は、胃炎・胃がんの原因 日本人の2人に1人がピロリ菌陽性です

日本は先進国の中でピロリ菌感染率が飛びぬけて高く、2人に1人が感染しています。
ピロリ菌に感染した人が必ず胃がんになるわけではありませんが、ピロリ菌が原因となって起こる慢性胃炎から、胃がんの大部分が発症します。
胃がんの予防には、ピロリ菌の除菌が最優先です。

検査方法

ピロリ菌への感染検査は、胃カメラ(上部消化管内視鏡)を行うときに、胃の粘膜を採取して検査する他に、尿・便・血液・呼気(吐いた息)などで検査することができます。
当院では、便・血液・呼気(吐いた息)での検査ができます。

除菌方法

ピロリ菌の感染がわかった場合は、除菌治療をします。
3つの薬の組み合わせを1週間、1日2回飲むだけです。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍に加えて、慢性胃炎の方も保険で治療ができます。

平成25年2月22日より従来の胃・十二指腸潰瘍に加えて、慢性胃炎も保険治療の対象となりました。
ただし、内視鏡検査を受けることが必要で、内視鏡検査を受けない場合は自費診療となります。

経鼻胃カメラ 実績件数

検査内容 2018年10月 年間総数
(2018年1月~)
経鼻胃カメラ 29 217

とうじま内科・外科クリニック

住所 〒456-0053 名古屋市熱田区一番三丁目3番6号
Tel052-684-4311
診療科目内科、消化器内科、外科、肛門外科、乳腺外科、小児科、皮膚科、リハビリテーション科
診療時間
9:00~12:00
15:00~18:30

◎ 9:00~13:00

カレンダー

Calendar Loading

赤は休診です。
青は午後休診です。
緑は午前9:00~午後1:00の診療です。